2017年 エディンバラ公演

「すべてわたくしと明滅し  みんなが同時に感ずるもの。」 
宮沢賢治の詩集、「春と修羅」にある一節です。
 
和太鼓の本質は、人間の「魂」を呼び覚ますこと。
これこそが、世界を根本的に変えていく力になる、と信じています。
和太鼓は、世界最高の「祈りの楽器」です。
 
和太鼓の、大自然そのものの響きは、言葉やあらゆる違いを超え、
人々の魂を大きく揺さぶり、包みこみます。
そして「私」の枠を超え、「みんなが同時に感ずる」時空間を生み出すのです。
 
これまで日本各地の聖地で続けてきた「祈り」の奉納演奏を、
スコットランドから世界へと その活動を広めて参ります。
 
エディンバラから「祈り」の響きが、世界中の人々の魂に共鳴し、
大きな調和を築いていく、ひとつの力になることを願って、今年も挑戦致します。

プロジェクト概要

佐藤健作が、2017年のエディンバラフェスティバル・フリンジにおいて、和太鼓の10回公演を行います。
期間は8月10日から21日。同時に福祉施設での演奏やワークショップも開催。
 「PRAY,FEEL&be ONE — 祈り、感じ、そして一つであること」をキーワードに、日本の響きを世界に広めます。
フリンジ公演
 
「ONE: The Man Chosen by the Spirit of the Japanese Drum Vol.2」 
公演日時:8月10日~8月20日 (休演13日)
会場:SpaceTriplex (V38)
10~12日 18:55-  / 14~20日 18:30-  (50min)
 
 ボランティア演奏会
 
現地の養護施設と日本人補習校にて
ボランティア演奏会を行ないます。
教会などでも演奏を計画中
ワークショップ
 
現地の太鼓グループに、
カラダを響かせ、カラダで打つ
和太鼓を伝授してきます。
 

プロジェクトの概算費用  およそ550万円

・渡航費 (佐藤健作の他、舞台・制作スタッフ)計5名

・太鼓輸送費

・会場費

・フェスティバルエントリー費

・現地スタッフ人件費(1~2名)

・舞台・制作スタッフ人件費

・チラシ作成、デザイン費

・現地広告費

・滞在費(宿泊、食費、現地移動費用など)

■エディンバラに空輸する予定の太鼓群
三尺平大太鼓/二尺二寸・一尺六寸・REMO長胴太鼓/二尺・一尺六寸桶胴太鼓/一尺六寸担ぎ桶胴太鼓/三丁・五丁掛締太鼓/REMO平胴太鼓 中と小/その他 台類とばち一式 など。


610(土)よりファンディング開始!
みなさまのご支援をお待ちしています。
 
                  
                                            
 
郵便振替でもご支援を受け付けております。
口座:00590-6-57758    名義:ars-tihayable   (あるす ちはやぶる)  
郵便局に備え付けの振替用紙に「お名前・ご住所・お電話番号」をご記入の上、
お振込み下さい。 領収証をご希望の場合は通信欄に「受領証希望」と明記してください。
お振り込み後、下記までメールにてご連絡頂ければ幸いです。
 
銀行振込をご希望の方は、下記までメールでお問合せ下さい。
折り返し、口座をおしらせ致します。
                                                        


 

プロジェクトの大まかなスケジュール

2016年 7月末

太鼓機材を現地に発送

8月

上旬に現地入り。ワークショップ、及びソロ公演を実施。

10月以降

プロジェクトの報告、お礼の発送など。

 
 


現地会場