龍のように力強く、ダンサーのようにしなやか。神聖な宇宙を創り出す、唯一無二、圧倒的な響き。

公演スケジュール

公演日 イベント名 会場 詳細を見る
2021年05月15日 神韻 SHIN-IN 戸隠 是色館
2020年11月08日 ちはやぶる大太鼓体験会 是色館 (佐藤健作戸隠稽古場)
2020年11月07日 天心 TENSHIN- The Center of the Sky 是色館 (佐藤健作戸隠稽古場)
2020年07月31日 ドラマティック古事記2020 〜神々の愛の物語〜 よみうり大手町ホール
2020年08月18日 SHIVER(シヴァ)2020 京都 ロームシアター・ノースホール
2020年08月17日 SHIVER(シヴァ)2020 京都 ロームシアター・ノースホール
2020年08月09日 SHIVER(シヴァ)2020 佐藤健作 戸隠稽古場「是色館」」
2020年08月08日 SHIVER(シヴァ)2020 佐藤健作 戸隠稽古場「是色館」
2020年02月08日 戸隠賛歌 戸隠スキー場 越水ゲレンデ 特設ステージ
2020年01月11日 【Japanese drum Live in Finland!】フィンランド和太鼓ライブ Karjalatalo(フィンランド・ヘルシンキ)

プロフィール

和太鼓に選ばれた男
佐藤健作

98年サッカーワールドカップ・フランス大会閉会式で大太鼓演奏。08年和太鼓界初の文化庁芸術祭新人賞受賞。国内外で活躍。個人所有世界最大級の大太鼓「不二(ふじ)」を打ち抜く圧倒的打法と精神性溢れる演奏で、和太鼓の新たな世界を切りひらく。神社・聖域での奉納演奏多数。能楽師の津村禮次郎氏、ダンサーの森山開次氏、酒井はな氏、西島数博氏など異分野とのコラボレーションにも参加。11年から14年まで東日本大震災被災地無料公演「不二プロジェクト」を東北三県にて敢行。16年、世界最大の芸術祭エディンバラフェスティバル・フリンジにてソロ公演。イギリス国営放送BBC「グローバルビーツ」に世界で活躍する7組の音楽家の一人としてソロ演奏し、全世界に向け放送された。

>>詳しい情報はこちら

====

The Man Chosen by the SPIRIT of the Japanese Drum.
Japanese “Taiko” Drummer Kensaku Satou

98 Performed at the closing ceremony for FIFA World Cup in France.
Performed abroad: tour in Portugal, Spain, and Switzerland (03), tour in Southeast Asian countries supported by Japan Foundation (05) and tour in the USA and African countries and others.

08 Received “the Rookie of the Year Award” in “the 63rd National Arts Festival organized by the Agency for Cultural Affairs”.

11 Performance in Russia (with Noh performer, Reijiro Tsumura)
11~14 “Fuji Project”, free concerts to pray in the affected areas in the Great East Japan Earthquake of March 11.
16 Participated in Edinburgh Festival Fringe with his solo work, ONE.
Performed in BBC WORLD SERVICE [Global Beats] showcase. His performance went on the air all over the world.

>> More Information

====

L’homme choisi par l’esprit du tambour japonais «Taiko».
joueur de Taiko Kensaku SATOU

Avec l’énergie d’un dragon, la souplesse d’un danseur, la pureté d’un moine, le tambour du Taiko le plus remarquable, Kensaku SATOU crée son rythme explosif et interprétation divine.

Sa création céleste est faite à base du mythologie japonais. Il est très apprécié pour son rythme sacré qui nous donne l’idée sur l’univers.

Ayant 30 ans de la carrière professionnelle, il consacre son temps pour s’entraîner dans le village tranquil de Nagano avec son tambour « Fuji », un des plus grands tambours japonais dans le monde.

Kensaku SATOU est conu comme « l’ homme choisi par l’esprit du tambour japonais » pour son rythme fort et haut technique. Son interprétation est bien apprécié par beaucoup d’artistes des domaines variés. Notamment, les danseurs de ballet, de danse contemporaine, les acteurs de théâtre Nô.

>>Pour plus de détails

 

信濃毎日新聞 2020/11/6

◯ 長野県 頑張るアーティスト応援事業 インタビュー

写真ギャラリー

[続きを見る]

お問い合わせ

公演のご依頼やご質問など、お気軽にお問い合わせください。
返信に2〜3日いただく場合がございます。それ以降になってもご連絡が届かない場合は
お手数ですが事務局までお電話にてご連絡ください。(TEL: 050-3738-3364)

上記の内容で送信する You must check this box before sending message.